そして、歌麿の美人画で特徴的なのは、サイドの髪をピンと横に張り出させて、内側が透けて見えるようにしたヘアスタイルではないでしょうか? このヘアスタイルは「燈籠鬢(とうろうびん)」と呼ばれ、江戸中期から後期にかけて流行したトレンドヘアなのです!, この記事では、錦絵に描かれた美女のヘアスタイルに注目し、特に、歌麿が美人画に描いたトレンドヘア「燈籠鬢」について紹介します。, 「黒髪は女の命」とも言われ、日本では古くから「長く艶やかな黒髪」が美人の絶対条件とされています。 長い黒髪を芸術の域にまで高めた日本髪の原型ができたのは、安土桃山時代後期。それ以前は、後ろに長く垂らした 「垂髪(すいはつ)」 や「下げ髪」が女性の主なヘアスタイルでした。, 「垂髪」とは、『源氏物語絵巻』などに登場する貴族女性のヘアスタイルです。 宝暦(1751~64年)頃に「鬢さし」が考案され、ボリュームのある鬢が結えるようになりました。両鬢に「鬢さし」を入れることで、燈籠のように、毛筋から向こうがうっすらと透けて見えるという繊細で妖艶な芸術的な髪型を作っていたのです!, 青楼(=吉原)の遊女・花紫は、燈籠鬢に貝髷で、べっ甲の櫛、簪(かんざし)を挿しています。 「下げ髪」とともに日常的に結われたヘアスタイルが、一本に結んだ髪の先を丸めて折り返し、輪に結んだ「玉結び」です。とても簡単だったので、上流階級から庶民まで広く結われました。, 菱川師宣「見返り美人図」 所蔵: 東京国立博物館 ColBase (https://colbase.nich.go.jp), 「見返り美人図」に描かれた女性のヘアスタイルは、当時、流行していた「玉結び」で、前髪は立てて膨らませた「吹前髪(ふきまえがみ)」です。櫛(くし)は高級品のべっ甲のようです。, 16世紀末(天正頃)から結われはじめたのが「唐輪髷(からわまげ)」です。遊女たちが結いはじめた「唐輪髷」は、中国(=唐)の女性の髷を真似たところから名付けられたヘアスタイルで、日本髪の原型と言われています。 | 江戸時代中期. 本項目では日本の髪型の変遷や男性の風俗を分かりやすく示すため、広義の「日本で過去に存在した髪型」の一覧を示す。, 男性の髪型はひっつめで、後の銀杏髷に近い形が主流。女性の髪型は立兵庫、元禄島田、元禄勝山等、細長い髪型が主流で、髱も鴎髱、鶺鴒髱等、後ろに突き出す形が流行した。, 男性の髪型は本多髷が主流。女性の髪型は灯籠鬢という、横に張り出し、透けた感じの鬢が主流になり、髷も島田髷や勝山など横に広くて大きい髷になる一方、髱の方は鬢の張り出しと反比例して概ね小さい膨らみか、全くないものとなるかあるいは後ではなく下の方に膨らむようになり、この頃から抜き衣紋が行われるようになった。, 男性の髪型は再び銀杏髷が主流で、女性同様に鬢を膨らませた厚鬢になり、町人の場合は袋付という下に膨らませた髱が主流になった(但し男性は抜き衣紋をしない)。女性の髪型は灯籠鬢の流行が下火になったが、高島田、つぶし島田、結綿、桃割れ、丸髷、先笄等、ほぼ現行の髪型がこの時期に定着した。髱は公家・大名家では椎茸髱が主流となり、一般武家・町人は関東では下に膨らませる、関西では少しだけ丸く膨らませるのが主流になった。, 洋風化の影響で、男性は殆どが洋髪となったが、女性の場合は洋風の髪型が登場し始めた一方で、折衷ともいえる束髪、夜会巻き、耳隠し、行方不明髷等の洋服・和服双方に合う髪型も考案された。, 二百三高地髷(にひゃくさんこうちまげ)は、日露戦争後に日本で流行した髪形で、前髪を張り出すとともに頭頂部に束ねた髪を高くまとめていた。当時普及し始めていた洋装にも合う髪型として生み出され、流行した。, ラヂオ巻きなどモダンな名称の洋髪も生み出され、戦時体制に入るまでは和服の場合に限り従来の日本髪(と、白塗りの厚化粧)も依然として結われた。, 日本髪文化は、歌舞伎、時代劇、花柳界、結婚産業以外では殆ど衰退したが、現在では正月等の晴れ着の場合に新日本髪を結う場合が多い。, ※少女:第二次性徴前、妙齢:第二次性徴後の未婚、既婚:18歳以上の未婚を含む場合有り, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本髪&oldid=80083911. ほっそりとした面長の顔、切れ長の目と小さな口元、きめの細かい白い肌。そして、美しく結い上げられた豊かな黒髪……と、当時の美人の条件を余すことなく描いています。 喜多川歌麿の美人画、女性から見ても素敵ですよね! 江戸後期の風俗の聞き書きをまとめた『寛保延享江府風俗志(かんぽうえいきょうこうふふうぞくし)』には、, 夫より京祇園の女子供、とうろうびんとて、つとを少なく、びんを出して、内の透(すく)やうに結し也。亦(また)すきびんとも云(いう)。此姿はやり下りて、江戸にてもそろそろたぼをつめ鬢を出して、左右より鯨の平棒を両方よりさして持たせるなり。, とあります。京祇園の女性や子どもが結っていた、「つと(=髱)」を小さくして鬢を横に出して内が透けるように結う「燈籠鬢」というヘアスタイルが江戸に伝わったことが記されています。, 江戸に伝わった「燈籠鬢」は、最初は深川、その後、吉原で流行し、江戸の庶民へも広まりました。当時、錦絵に描かれる遊女たちはファッションリーダーでもあったのです! 鈴木春信が描く美女は、髱が長く伸びているヘアスタイルが見られます。, こうした日本髪を結うのに欠かせないアイテムが「元結(もとゆい、もっとい)」と「鬢付け油」です。「元結」は細いひも状に撚(よ)った紙で、髪を結うためのもの。伸縮性はありませんが、髪をきつく結うことができます。「鬢付け油」は髪をヘアワックスのように固める整髪料として使われました。, 歌麿が美人画に描いた鬢が左右に張り出したヘアスタイルは、「燈籠鬢」と呼ばれています。 「燈籠鬢」という呼び名は、向こう側が透けて見えるところからついたとも、庭の燈籠の笠に似ているところからついたとも言われてます。, 喜多川歌麿「姿見七人化粧」 メトロポリタン美術館 江戸時代も260年以上続きましたから、そりゃあ最初と幕末の方でも好みや流行も変わってきます。 まずはパーツの名前から、 ほとんど女性の結い髪と同じ名前ですね! しいて言えば、月代(さかやき)があるくらいですかね。 © SHOGAKUKAN INC. 2017-2020 ALL RIGHTS RESERVED. 喜多川歌麿の描いた大首の美人画の女性の多くが燈籠鬢だったほか、天明から寛政初期(1780年代頃)に描かれた鳥居清長の錦絵の遊女たちの髪型も、ほとんどが燈籠鬢です。 屋敷内で歌を詠んだり香を楽しむ生活を送る平安時代の貴族の女性たち。その肌は白く、自分の身長ほどもある長い黒髪をまっすぐに垂らしていました。長い黒髪と白い肌は美人の条件であり、優雅な暮らしの象徴でもあったのです!, 一方、庶民の女性たちは、家事や労働の邪魔にならないよう、長い髪を束ねたり、結んだりするようになりました。髪を一本に結んだ髪型は「下げ髪」と呼ばれ、髪を結ぶ位置は、時代が進むにつれて上がっていったと言われています。

.

Pv-bfh900 バッテリー アマゾン, 巾木 掃除 テープ, Excel スクリーンショット ショートカット, キャンドゥ 大理石 トレイ, 継承 され し記憶 デッキマスター, らくらくメルカリ便 宅急便 送り状, 黒パンツコーデ メンズ 40代, デパコス 袋 いらない, あい みょん キーボード, 立川 肉バル 個室, 拡張子 Php Html 違い, 広島 もう一発 誰, 30代 ファッション メンズ 太め, 自家製 ホットケーキミックス ドーナツ, 親子お揃い スニーカー おすすめ, 英会話 新宿 安い, 自転車 タイヤ交換 値段 ブリジストン, 花火大会 今日 関西, しら び メイキング, 球界の頭脳 進 ワールド, Apex 3000ハンマー すごい, デスクトップパソコン カメラ ついて ない, Juju 奏 ロケ地, プリウス30 リコール 一覧, Gmail 送信できない キューに追加, 本田 子供置き去り その後, スターウォーズ ハリーポッター どっち, パワーポイント 位置合わせ ページ, パナソニック Dmp-bd88 録画, 稲田 唐 揚げ, プライズ 業者 通販, 木綿豆腐 ドーナツ 小麦粉, 9月 天気 横浜,