対象国:カメルーン 期間:2011年4月 - 2016年3月, 国際環境研究会SEE Project(シープロジェクト)[131]は、環境問題に関する個人レベルでの国際協力を可能にすることを念頭に、若年層同士の国際環境交流によるパートナーシップの構築を目的として、2007年1月に設立された。, 2007年5月からは、東海大学チャレンジセンターのユニークプロジェクトとして活動を行っている。東海大学理学部化学科の学生を中心とし、教養学部人間環境学科、文学部アジア文明学科や同心理・社会学科、工学部応用化学科や同医用生体工学科、政治経済学部経済学科などの学生がこれまで所属した。韓国ソウル市の漢陽大学校において毎年、東海大学日韓こども環境交流プロジェクトを主催し、韓国の中高生や大学生と環境問題をテーマに相互交流している。これまでこのプロジェクトに参加した韓国人生徒は延べ200名を越え、2009年以降は東海大学ソウルオフィスとの共催、在大韓民国日本国大使館公報文化院の後援を受けている。, 2008年10月には東京都立つばさ総合高等学校のISO講演に講師として招かれるなど、活動のユニーク性が注目されている。環境問題を環境科学実験を通して見つめることに主眼を置くため、近隣の中学校、高校から環境科学実験教室の依頼も多数ある。また、実験技術や機材の提供を行ったことのある経験を踏まえ、これまでの経験や開発した技術が幅広く利用されることを期待し、2012年より環境教育教材開発プロジェクトを始動。, 2012年からは東海大学日韓こども環境交流プロジェクトに英名(Tokai University International Partnership Programs for Environmental Communication)が付記され、プロジェクトの愛称が頭文字をとってTIPEC(ティペック)とされた。2013年3月に活動を終了した。, 1991年よりソーラーカーの開発に着手した。2006年からは東海大学チャレンジセンターのライトパワープロジェクトとして活動を開始し、同年に開催されたワールド・ソーラー・ラリー・イン・台湾に同名の協定校である東海大学 (台湾)と合同チームを結成して出場した。2008年には南アフリカ共和国で開催されたFIA(国際自動車連盟)公認のサウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジで国際大会初優勝を遂げた。, 2009年には世界最高峰のオーストラリア大陸3,000km縦断ソーラーカーレースであるワールド・ソーラー・チャレンジ2009への出場に向けて、シャープより高性能な太陽電池[132]、パナソニックよりリチウムイオン電池、ミシュランより低転がり抵抗タイヤ、ミツバよりダイレクトドライブモータなどの供給を受け、ソーラーカー「Tokai Challenger」を産学連携で開発した。ダカール・ラリーで日本人初優勝した篠塚建次郎の支援を得て、砂嵐に見舞われるなどの気象条件を克服し、全行程を平均速度100.54km/hで走行して総合優勝した。2位は2001年以降4連覇を達成していたオランダのデルフト工科大学、3位はアメリカのミシガン大学。日本の大学として初めての優勝であり、1996年には本田技研工業のソーラーカー「ドリーム」が優勝した例がある。この模様は2010年1月23日にNHKのワンダー×ワンダー、2月21日にハイビジョンスペシャルで放送されるなど、数多くのメディアが取り上げた。, 2010年10月のサウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジ2010にTokai Challengerが出場し、総走行距離4061.8kmを45時間5分で走破するとともに、平均速度90.1km/hの記録を樹立して再び優勝した。集英社『ジャンプスクエア』の2010年10月号から2011年7月号にかけて、チームが取材協力したコミック『曇天・プリズム・ソーラーカー』が連載された。, ワールド・ソーラー・チャレンジ2011では再びTokai Challengerが優勝した[133]。2012年、南アフリカのFIA公認サソール・ソーラー・チャレンジ・サウス・アフリカにおいても4632kmの世界最長コースを走破して優勝し[134]、国際レース5連覇を達成した。, 2013年4月13日、ジョン・ケリー米国務長官の来日に際し、同チームとソーラーカーが駐日アメリカ合衆国大使館大使公邸に招かれ対話が実現した[135]。4月20日には、タカラトミーのトミカとして「No.26 東海大学ソーラーカー 東海チャレンジャー」が発売された[136]。ワールド・ソーラー・チャレンジ2013には4輪の新型車を開発して臨んだが、序盤の出遅れなどが原因となり準優勝となった[137]。, このチャレンジの模様は、2014年1月19日にテレビ朝日開局55周年記念パナソニックスペシャル「挑戦!オーストラリア縦断3000キロ 世界最高峰ソーラーカーレース 密着ドキュメント」として放送された[138]。2月25日には、アラブ首長国連邦アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子が来日し、高輪キャンパスでソーラーカーの見学が行われるとともに、国際石油開発帝石がアブダビで支援する石油大学におけるソーラーカー開発支援について調印が行われた[139]。11月にチリ共和国のアタカマ砂漠で開催された「カレラ・ソーラー・アタカマ」大会では総合優勝を飾った[140]。, 2015年10月、ワールド・ソーラー・チャレンジのメインクラスであるチャレンジャークラス3位[141]。, 2016年3月27日、神奈川県、箱根町、東海大学、芦ノ湖スカイラインが主催したイベント「ソーラーカー芦ノ湖スカイライン走行プロジェクト」で、一般公道を走行した[142]。2016年12月、大正製薬が東海大学ソーラーカーチームを取り上げたタイアップCM[143]を制作し、TVで放送開始した。, 東海大学では、2001年 - 2012年にかけてル・マン24時間レースへの参戦を目標としたプロジェクトが実施され、工学部動力機械工学科が中心となって車両の設計を行った。同レースへ大学が参戦した事例は過去に存在しなかったため、世界でも類を見ない試みであった。, 2008年には本選に出場したが、ギアトラブルにより5時間残しての棄権となった。2009年はスポンサーが集まらなかったため、岡山国際サーキットで開催されたアジアン・ル・マン・シリーズに出場した。, 2010年は、中国・広東省の珠海国際サーキットで開催されたアジアン・ル・マン・シリーズに出場し、総合14位、クラス5位になった。なお、同プロジェクトの主導者であった林義正が2012年3月に退職するのに伴い、2012年1月に富士スピードウェイでテスト走行を行ったのを最後にプロジェクトが終了している。, 東海大学では、2009年7月にトカラ列島を中心とした皆既日食において、本学の海洋調査研修船「望星丸」にて日食観測プロジェクトを実施。東海大学の付属学校と連携し、インターネットを使った番組を制作し、インターネット配信[144]行った。2012年5月に九州・四国・関東にて観測された金環日食においても、付属学校や和歌山大学などと連携し、インターネット配信番組を制作。, 2016年3月9日[145]に日本各地を含む東アジア及びオセアニア地域と、アラスカ、カナダの一部までの一帯で日食が観測された。インドネシアの島々では皆既日食、日本では2012年5月21日に発現した金環日食以来、4年ぶりの部分日食として見えた。今回、「第47回海外研修航海」として航行中の「望星丸」からの日食映像をもとに、理科教育番組としてインターネット配信を予定するほか、各キャンパスや付属学校との連携プログラムに取り組みます。本学園のネットワークを最大限に生かして実施する日食イベントを通じて、大学としての社会的責任を果たすだけでなく、理科系教育の普及、教育の機会の拡大を図った。, ユニークプロジェクトの日食観測プロジェクトが3月9日に湘南キャンパスにて、パラオ諸島付近で観測した皆既日食の様子を伝える本学主催の特別番組[146]の上映会を開催した。会場には学生や地域住民らが集まり、番組を視聴。インターネット上でも番組を生放映し、湘南以外のキャンパスでも上映会を実施した。, 本学主催のこのイベントは「東海大学日食観測プロジェクト〜宇宙の奇跡2016〜」と題し、本学の海洋調査研修船「望星丸」(国際総トン数=2174t)を使った「第47回 学校法人東海大学海外研修航海」の研修団が、皆既日食を観測出来るパラオ沖を通過することから、その様子を日本にも伝えることで、多くの方々に天文や自然現象の不思議に触れてもらおうと企画した。放送に向けて、文学部広報メディア学科や工学部電気電子工学科、本プロジェクトと海外研修航海研修団の日食観測担当班の学生達がプロジェクトを結成。湘南キャンパスにあるスタジオを拠点に放送し、曇り空の合間から観測した欠け始めの太陽や皆既日食中に周囲が暗くなった様子を中継した。, 2016年11月6日[147]に、琵琶湖の彦根港から琵琶湖大橋まで最大34kmの湖上で、離陸から着水まで飛行経路総距離[148]10km以上の人力飛行を目指す、一次電池(乾電池)で固定翼航空機が飛んだ世界最長距離のギネス世界記録を目指す「エボルタチャレンジ2016」に挑戦した。チャレンジは、『東海大学チャレンジセンター ライトパワープロジェクト 人力飛行機チーム TUMPA』によるもので、設計から製作、塗装、フライトまでを手掛けている。午前6時37分に離陸をしたが、6時43分26秒に主翼が変形し失速、飛行距離3,531mで途中着水となってしまい、記録達成にはならなかった。パイロットを務めた学生は、「胸骨の骨折及び右下腿部の打撲」の怪我を負っている[149]。『今回のチャレンジは終了だが、ぜひ何らかの形で再チャレンジしたい』としていて、現地で立ち会ったギネス公式認定員も『諦めずに再チャレンジしてほしい』とコメントした[150]。, 2005年に創設、2010年ロボカップジャパンオープンの標準プラットフォームリーグで優勝。, 秋田県大潟村のソーラースポーツラインで開催される、省エネ電気自動車レース「ワールド・エコノ・ムーブ」で2004年から2008年にかけてファラデーマジック2が鉛蓄電池部門で5連覇した。また燃料電池部門では2008年から2011年まで4連覇しており、両部門での連覇記録は未だに破られていない。, 2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者の生活復興を目的として立ち上げられたプロジェクト。5月には、岩手県大船渡市三陸町越喜来泊地区に、応急仮設公民館「どんぐりハウス」を建設した。また8月には宮城県石巻市北上町十三浜相川・小指地区にも応急仮設集会所「どんぐりハウス」を建設した。このような取り組みが評価され、「2011年アメリカ建築家協会デザイン大賞特別賞(Special Aspirational Award for Community Building)」を受賞した[151]。, 東海大学は 東京大学や東京工業大学等とともに 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の連携大学院協定締結先の大学となっている[152]。また、2007年には、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)データの直接受信、データ利用研究及び地球観測システムの開発のための協力に関する協定書を締結した[153]。, 東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻における航空分野に関する研究成果、学生主体で行っている航空分野に関するプロジェクト、航空操縦学専攻におけるパイロット養成、教育、訓練、研究の紹介については国際航空宇宙展で発表されている。2008年[154]。2012年[155]。2016年[156]。, 東海大学学生ロケットプロジェクトは、学生が机上の勉学では学べない宇宙理工学の知識・技術を修得し、将来の宇宙技術者を養成することを目的として、1995年に航空宇宙学科が設立された。2006年度からは東海大学チャレンジセンターのプロジェクトの一つとして活動を行っている。大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)に加盟している。秋田県能代市及び北海道大樹町での小型ハイブリッドロケット打ち上げ実験や、アラスカ大学との共同打ち上げ実験を実施している。2002年3月には、観測ロケット2号機の打ち上げに成功し89kmの高度に到達した。また、能代宇宙イベントにも毎年参加しており、好成績を残している。, 東海大学衛星プロジェクトは2009年1月23日にいぶきと相乗りで打ち上げられたかがやきにオーロラ電流観測用の磁気センサを提供したことを契機に発足した。衛星設計コンテスト[157]にも参加している。, 東海大学は、大学宇宙工学コンソーシアムに参加しており、UNITEC-1の開発にも参加した。, 東海大学はスーパーカミオカンデの国内共同研究機関に東京大学や京都大学等とともになっている[158]。, 原子力人材育成プログラムは、原子力工学の技術者を養成するために文部科学省と経済産業省が連携して策定した公募事業である。, 東海大学は、経済産業省・文部科学省「アジア人財資金構想」の採択事業として、「原子力発電導入予定国や原子力関連の資源輸出国出身の優秀な理工系学部卒業生」(モンゴル・ベトナム・インドネシア・タイ等)を受け入れ、「同プログラムのコンソーシアムには東芝、三菱重工業、日立GEニュークリア・エナジー、日本原子力発電、東京電力、関西電力、東北電力、伊藤忠商事、三菱商事、住友商事、原子燃料工業、国際研修交流協会、教育と探究社」と共同して教育してきた[160]。, 日本においてテレビジョン放送が、大衆に普及し始めた1950年代に文部省(現・文部科学省)は、放送を使用した高等教育構想に関心を示していた。私立大学の中にFM放送を使用した大学ラジオ局や大学テレビ局を開設する動きが、急速に盛り上がることとなったのである。その中でも特に熱心だったのが、東海大学であった。日本の全大学の中でもっとも早い段階から東海大学は準備を開始して、1957年6月には、超短波放送実験局(現・実験試験局)の免許を郵政省(現・総務省)に申請した。, 1958年4月に「東海大学超短波放送実験局」として呼出符号JS2AO、周波数86.5Mc(メガサイクル、現在のメガヘルツと同義)、空中線電力1kWの予備免許を取得、12月に免許を取得して放送を開始した。, 1959年5月には東海大学付属高校通信教育部(現・東海大学付属望星高等学校)の教育課程の一環として「高校通信教育講座」という番組を設けた。11月に周波数を84.5Mcに変更。1960年4月には、「東海大学超短波放送実用化試験局」(呼出符号JS2H)も放送を開始した。「FM東海」(略称:FMT)は、主に後者を指すが、実用化試験局廃止後は、実験局の通称ともなった。, FM東海は、TOKYO FMの母体となり、高校通信教育講座は1998年にミュージックバードに移行するまでTOKYO FMで放送を続けた。学校法人東海大学は、設立以来株主に名を連ね、マスメディア集中排除原則にいう支配関係にもある[164]。, 共催・パートナー校:青山学院大学、中央大学、国際基督教大学、国際大学、慶應義塾大学、津田塾大学、東京大学、早稲田大学、横浜国立大学、東海大学[170][171]。, 委託校:筑波大学、神戸大学、上智大学、中央大学、東京芸術大学、武蔵野音楽大学、東海大学となっており、幹部教育を受託している[175][176]。, 学校法人東海大学は、附属学校を「付属」としている。その為、附属を全て付属と表記している。また、設置している教育機関を東海大学の付属学校としている。, 付属学校に準ずる扱いをしている別学校法人運営の連携・提携学校も存在している。これらは正確には付属ではないが、付属と同じ扱いを受けている。, 元々は北海道東海大学の旭川キャンパス。跡地は2016年に旭川市に寄贈された。旭川キャンパスの敷地は35000平方メートルであった[190]。, 教養部で2年間を過ごし、その後、湘南キャンパスへ移行する形式であった。2年間地元で生活する事で、教育費の負担(下宿代等)を低減させるメリットがあった。, 青山学院大学 | 麻布大学 | 神奈川大学 | 神奈川工科大学 | 関東学院大学 | 北里大学 | 相模女子大学 | 松蔭大学 | 湘南工科大学 | 情報セキュリティ大学院大学 | 専修大学 | 総合研究大学院大学 | 鶴見大学 | 桐蔭横浜大学 | 東海大学 | 東京工業大学 | 東京工芸大学 | 東京都市大学 | 日本大学 | 日本女子大学 | フェリス女学院大学 | 明治大学 | 横浜市立大学 | 横浜国立大学 | 文教大学 | 神奈川歯科大学, 札幌大学 | 札幌学院大学 | 札幌国際大学 | 東海大学(札幌キャンパス) | 藤女子大学 | 北星学園大学 | 北海道科学大学 | 酪農学園大学, 旭川医科大学 | 北海道教育大学 旭川校 | 旭川大学 | 旭川大学短期大学部 | 東海大学(札幌キャンパス) | 旭川工業高等専門学校, 北海道立総合研究機構(林産試験場、北方建築総合研究所、上川農業試験場、食品加工研究センター、花・野菜技術センター), 九州看護福祉大学 | 九州ルーテル学院大学 | 熊本学園大学 | 熊本県立技術短期大学校 | 熊本県立大学 | 熊本高等専門学校 | 熊本大学 | 熊本保健科学大学 | 尚絅大学 | 尚絅大学短期大学部 | 崇城大学 | 東海大学(九州キャンパス) | 中九州短期大学 | 平成音楽大学 | 放送大学 熊本学習センター | 熊本県 | 熊本市, 熊本県中小企業団体中央会 | 熊本経済同友会 | 熊本青年会議所 | 熊本県商工会連合会 | 熊本県経営者協会 | 熊本県商工会議所連合会 | 熊本県工業連合会, 静岡大学 | 浜松医科大学 | 静岡県立大学 | 静岡文化芸術大学 | 東海大学 | 常葉大学, 青山学院大学 | 神奈川大学 | 慶應義塾大学 | 工学院大学 | 芝浦工業大学 | 東京都立大学 | 創価大学 | 多摩美術大学 | 筑波大学 | 帝京大学 | 電気通信大学 | 東海大学 | 東京学芸大学 | 東京工業大学 | 東京大学 | 東京電機大学 | 東京都市大学 | 東京農工大学 | 東京理科大学 | 都立産業高専 | 日本大学 | 早稲田大学, 大阪工業大学 | 大阪府立大学 | 京都大学 | 神戸大学 | 立命館大学 | 和歌山大学, 鳥取大学 | 福山大学 | 安田女子大学 | 山口大学 | 香川高専 | 香川大学 | 高知工科大学 | 徳島大学, 筑波大学 | 文星芸術大学 | 尚美学園大学 | 東邦音楽大学 | 東京芸術大学 | 武蔵野音楽大学 | 上野学園大学 | 国立音楽大学 | 女子美術大学 | 多摩美術大学 | 東京音楽大学 | 東京工芸大学 | 東京造形大学 | 日本大学(芸術学部) | 桐朋学園大学 | 文化学園大学 | 武蔵野美術大学 | 昭和音楽大学 | 洗足学園音楽大学 | 東海大学大学院(芸術学研究科) | 横浜美術大学 | 聖徳大学 | 杉野服飾大学 | 和光大学(表現学部) | 女子美術大学短期大学部 | 東邦音楽短期大学 | 桐朋学園芸術短期大学 | 文化学園大学短期大学部, 長岡造形大学 | 金沢美術工芸大学 | 常葉大学(造形学部) | 愛知県立芸術大学 | 名古屋市立大学(芸術工学部) | 名古屋音楽大学 | 名古屋芸術大学 | 静岡文化芸術大学 | 名古屋造形大学 | 金城大学短期大学部, 京都市立芸術大学 | 京都精華大学 | 京都美術工芸大学 | 京都工芸繊維大学 | 立命館大学(映像学部) | 大阪成蹊大学 | 大手前大学 | 神戸芸術工科大学 | 宝塚大学, 佐賀大学(芸術地域デザイン学部) | 平成音楽大学 | 沖縄県立芸術大学 | 九州産業大学造形短期大学部 | 大分県立芸術文化短期大学, ジャパン マリンユナイテッド | 商船三井 | 日本海洋掘削 | 日本郵船 | 三井E&Sホールディングス, IHI | 川崎重工業 | 国際石油開発帝石 | JX石油開発 | 千代田化工建設 | 三菱造船 | 横河電機, 秋田大学 | 大阪大学 | 大阪府立大学 | 九州大学 | 京都大学 | 高知大学 | 神戸大学 | 佐賀大学 | 筑波大学 | 東京大学 | 東京海洋大学 | 東京農工大学 | 東北大学 | 鳥取大学 | 長崎大学 | 広島大学 | 北海道大学 | 横浜国立大学, 北里大学 | 杏林大学 | 慶應義塾大学 | 埼玉医科大学 | 東海大学 | 東京医科大学 | 東京歯科大学 | 東京慈恵会医科大学 | 東邦大学, ★札幌医科大学 | ★東北大学 | ★福島県立医科大学 | ★弘前大学 | 旭川医科大学 | 北海道大学, ☆東京医科歯科大学 | ★東京大学 | ★聖マリアンナ医科大学 | ★日本医科大学 | ★横浜市立大学 | ★自治医科大学 | ★帝京大学 | ★東海大学 | ★東京都医学総合研究所 | ★国立がん研究センター | ★量子科学技術研究開発機構 | ★国立精神・神経医療研究センター | お茶の水女子大学 | 芝浦工業大学 | 情報・システム研究機構 | 国立国際医療研究センター | 早稲田大学 | 埼玉医科大学 | 東京農工大学 | 物質・材料研究機構 | 産業技術総合研究所 | 東京慈恵会医科大学 | 慶應義塾大学 | 群馬大学 | 千葉大学 | 上智大学 | 日本大学 | 北里大学 | 明治大学 | 杏林大学 | 筑波大学 | 国立高専機構 | 国士舘大学 | 明治薬科大学 | 東京工業大学 | がん研究会 | 順天堂大学 | 青山学院大学 | 千葉工業大学 | 大妻女子大学 | 海洋研究開発機構 | 東京女子医科大学 | 理化学研究所, ★三重大学 | ★富山大学 | ★信州大学 | ★浜松医科大学 | ★金沢医科大学 | ★新潟大学 | 諏訪東京理科大学 | 北陸先端科学技術大学院大学 | 長岡技術科学大学 | 金沢大学 | 名古屋市立大学 | 名古屋工業大学 | 山梨大学 | 福井大学 | 名古屋大学 | 静岡県立大学, ★滋賀医科大学 | ★川崎医科大学 | ★奈良県立医科大学 | 川崎医療福祉大学 | 和歌山県立医科大学 | 先端医療振興財団 | 広島大学 | 高知大学 | 山口大学 | 神戸大学 | 大阪大学 | 鳥取大学 | 兵庫医科大学 | 京都府立医科大学 | 京都薬科大学 | 大阪医科大学 | 大阪市立大学 | 大阪産業大学 | 大阪工業大学 | 関西医科大学 | 京都大学 | 同志社大学 | 徳島大学, ★宮崎大学 | ★産業医科大学 | ★長崎大学 | ★熊本大学 | 沖縄科学技術大学院大学 | 九州保健福祉大学 | 熊本大学 | 鹿児島大学 | 大分大学 | 九州工業大学 | 九州大学 | 琉球大学, 北海道大学・大学院教育学院 | 札幌学院大学大学院・臨床心理学研究科 | 札幌国際大学大学院・心理学研究科 | 北翔大学大学院・人間福祉学研究科 | 北星学園大学大学院・社会福祉学研究科 | 北海道医療大学大学院・心理科学研究科, 東北大学大学院・教育学研究科 | 尚絅学院大学大学院・総合人間科学研究科 | 東北福祉大学大学院・総合福祉学研究科, 福島大学大学院・人間発達文化研究科 | 福島学院大学大学院・心理学研究科 | 医療創生大学大学院・人文学研究科, 筑波大学大学院・人間総合科学研究科 | 茨城大学大学院・教育学研究科 | 常磐大学大学院・人間科学研究科, 埼玉工業大学大学院・人間社会研究科 | 跡見学園女子大学大学院・人文科学研究科 | 埼玉学園大学大学院・心理学研究科 | 駿河台大学大学院・心理学研究科 | 人間総合科学大学大学院・人間総合科学研究科 | 文京学院大学大学院・人間学研究科 | 文教大学大学院・人間科学研究科 | 東京国際大学大学院・臨床心理学研究科 | 立教大学大学院・現代心理学研究科 | 早稲田大学大学院・人間科学研究科, 東京大学大学院・教育学研究科 | お茶の水女子大学大学院・人間文化創成科学研究科 | 青山学院大学大学院・教育人間科学研究科 | 桜美林大学大学院・心理学研究科 | 大妻女子大学大学院・人間文化研究科 | 学習院大学大学院・人文科学研究科 | 国際医療福祉大学大学院・医療福祉学研究科 | 駒澤大学大学院・人文科学研究科 | 駒沢女子大学大学院・人文科学研究科 | 聖心女子大学大学院・文学研究科 | 白百合女子大学大学院・文学研究科 | 昭和女子大学大学院・生活機構研究科 | 上智大学大学院・総合人間科学研究科 | 創価大学大学院・文学研究科 | 大正大学大学院・人間学研究科 | 帝京大学大学院・文学研究科 | 東京家政大学大学院・人間生活学総合研究科 | 東京女子大学大学院・人間科学研究科 | 東京成徳大学大学院・心理学研究科 | 東洋英和女学院大学大学院・人間科学研究科 | 日本大学大学院・文学研究科 | 法政大学大学院・人間社会研究科 | 武蔵野大学大学院・人間社会研究科 | 明治大学大学院・文学研究科 | 明治学院大学大学院・心理学研究科 | 明星大学大学院・人文学研究科 | 目白大学大学院・心理学研究科 | 立正大学大学院・心理学研究科 | ルーテル学院大学大学院・総合人間学研究科, 川村学園女子大学大学院・人文科学研究科 | 淑徳大学大学院・総合福祉研究科 | 聖徳大学大学院・臨床心理学研究科, 横浜国立大学大学院・教育学研究科 | 神奈川大学大学院・人間科学研究科 | 北里大学大学院・医療系研究科 | 専修大学大学院・文学研究科 | 東海大学大学院・文学研究科 | 日本女子大学大学院・人間社会研究科, 名古屋大学大学院・教育発達科学研究科 | 愛知教育大学大学院・教育学研究科 | 愛知学院大学大学院・心身科学研究科 | 愛知淑徳大学大学院・心理医療科学研究科 | 金城学院大学大学院・人間生活学研究科 | 椙山女学園大学大学院・人間関係学研究科 | 中京大学大学院・心理学研究科 | 同朋大学大学院・人間福祉研究科 | 日本福祉大学大学院・社会福祉学研究科 | 人間環境大学大学院・人間環境学研究科, 京都大学大学院・教育学研究科 | 京都教育大学大学院・教育学研究科 | 京都先端科学大学大学院・人間文化研究科 | 京都光華女子大学大学院・心理学研究科 | 京都女子大学大学院・発達教育学研究科 | 京都橘大学大学院・健康科学研究科 | 京都文教大学大学院・臨床心理学研究科 | 京都ノートルダム女子大学大学院・心理学研究科 | 同志社大学大学院・心理学研究科 | 花園大学大学院・社会福祉学研究科 | 佛教大学大学院・教育学研究科 | 立命館大学大学院・応用人間科学研究科 | 龍谷大学大学院・文学研究科, 大阪大学大学院・人間科学研究科 | 大阪府立大学大学院・人間社会学研究科 | 大阪市立大学大学院・生活科学研究科 | 大阪経済大学大学院・人間科学研究科 | 大阪樟蔭女子大学大学院・人間科学研究科 | 追手門学院大学大学院・心理学研究科 | 関西福祉科学大学大学院・社会福祉学研究科 | 近畿大学大学院・総合文化研究科 | 梅花女子大学大学院・現代人間学研究科, 神戸大学大学院・人間発達環境学研究科 | 兵庫教育大学大学院・学校教育研究科 | 関西国際大学大学院・人間行動学研究科 | 甲子園大学大学院・心理学研究科 | 甲南大学大学院・人文科学研究科 | 甲南女子大学大学院・人文科学総合研究科 | 神戸学院大学大学院・人間文化学研究科 | 神戸女学院大学大学院・人間科学研究科 | 神戸松蔭女子学院大学大学院・文学研究科 | 神戸親和女子大学大学院・文学研究科 | 武庫川女子大学大学院・文学研究科, 奈良女子大学大学院・人間文化研究科 | 帝塚山大学大学院・心理科学研究科 | 天理大学大学院・臨床人間学研究科 | 奈良大学大学院・社会学研究科, 岡山大学大学院・教育学研究科 | 川崎医療福祉大学大学院・医療福祉学研究科 | 吉備国際大学大学院・心理学研究科 | 就実大学大学院・教育学研究科 | ノートルダム清心女子大学大学院・人間生活学研究科, 広島大学大学院・教育学研究科 | 比治山大学大学院・現代文化研究科 | 広島文教大学大学院・人間科学研究科 | 安田女子大学大学院・文学研究科, 山口大学大学院・教育学研究科 | 宇部フロンティア大学大学院・人間科学研究科 | 東亜大学大学院・総合学術研究科, 徳島大学大学院・総合科学教育部 | 鳴門教育大学大学院・学校教育研究科 | 徳島文理大学大学院・人間生活学研究科, 九州大学 大学院・人間環境学府 | 福岡教育大学大学院・教育学研究科 | 福岡県立大学大学院・人間社会学研究科 | 九州産業大学大学院・国際文化研究科 | 久留米大学大学院・心理学研究科 | 福岡大学大学院・人文科学研究科 | 西南学院大学大学院・人間科学研究科 | 福岡女学院大学大学院・人文科学研究科, 北海道教育大学大学院 教育学研究科 | 東京学芸大学大学院 教育学研究科 | 新潟大学大学院 教育学研究科 | 熊本大学大学院 教育学研究科 | 琉球大学大学院 教育学研究科 | 岩手県立大学大学院 社会福祉学研究科 | 東京都立大学大学院 人文科学研究科 | 中央大学大学院 文学研究科 | 放送大学大学院 文化科学研究科, 九州大学 大学院人間環境学府 | 鹿児島大学大学院 臨床心理学研究科 広島国際大学大学院 心理科学研究科 | 帝塚山学院大学大学院 人間科学研究科 | 関西大学大学院 心理学研究科 | 帝京平成大学大学院 臨床心理学研究科, 吉田学園医療歯科専門学校 | 北海道ハイテクノロジー専門学校 | 札幌医学技術福祉歯科専門学校 | 東北文化学園専門学校 | 国際医療看護福祉大学校, つくば国際大学 | 群馬パース大学 | 埼玉医科大学 | 日本医療科学大学 | 千葉科学大学 | 杏林大学 | 帝京平成大学 | 東京工科大学 | 神奈川工科大学 | 北里大学 | 桐蔭横浜大学 | 東海大学(工学部), さくら総合専門学校 | 太田医療技術専門学校 | 池見東京医療専門学校 | 首都医校 | 東京医薬専門学校 | 東京電子専門学校 | 日本工学院専門学校 | 読売理工医療福祉専門学校, 新潟医療福祉大学 | 東海学院大学 | 中部大学 | 藤田医科大学 | 鈴鹿医療科学大学, 北里大学保健衛生専門学院 | 国際メディカル専門学校 | 静岡医療科学専門学校 | 東海医療科学専門学校 | 名古屋医専, 京都保健衛生専門学校 | 大阪医専 | 大阪ハイテクノロジー専門学校 | 日本メディカル福祉専門学校 | 神戸総合医療専門学校, 岡山理科大学 | 川崎医療福祉大学 | 倉敷芸術科学大学 | 広島工業大学 | 広島国際大学 | 東亜大学 | 徳島文理大学, 出雲医療看護専門学校 | トリニティカレッジ広島医療福祉専門学校 | 四国医療福祉専門学校 | 四国医療技術専門学校 | 四国医療工学専門学校, 純真学園大学 | 帝京大学 | 長崎総合科学大学 | 東海大学(基盤工学部) | 九州保健福祉大学, 博多メディカル専門学校 | 大分臨床工学技士専門学校 | 日本文理大学医療専門学校 | 熊本総合医療リハビリテーション学院 | SOLA沖縄保健医療工学院, 臨床工学技士・臨床工学技士法・臨床工学技士学校養成所指定規則・臨床工学技士国家試験, 国際武道大学 | 了徳寺大学 | 順天堂大学 | 早稲田大学 | 大東文化大学 | 国士舘大学 | 法政大学 | 昭和女子大学 | 帝京大学 | 國學院大學 | 東海大学, 東海学園大学 | 愛知学院大学 | 中京大学 | 名古屋学院大学 | 常葉大学 | 新潟医療福祉大学 | 松本大学, 大阪体育大学 | 大阪大谷大学 | 大阪産業大学 | 園田学園女子大学 | 兵庫大学 | びわこ成蹊スポーツ大学 | 立命館大学, 川崎医療福祉大学 | 倉敷芸術科学大学 | 愛媛大学 | 環太平洋大学 | 吉備国際大学 | 徳島大学, 福岡大学 | 鹿屋体育大学 | 名桜大学 | 九州共立大学 | 九州保健福祉大学 | 熊本学園大学 | 九州看護福祉大学, 青森大学 | 岩手県立大学 | 東北文化学園大学 | 仙台大学 | 仙台白百合女子大学 | 東北福祉大学 | 秋田看護福祉大学 | 郡山女子大学, 国際医療福祉大学 | 東京福祉大学 | 高崎健康福祉大学 | 十文字学園女子大学 | 文京学院大学 | 東洋大学 | 聖徳大学 | 東京基督教大学 | 城西国際大学 | 日本社会事業大学 | 大妻女子大学 | 白梅学園大学 | 目白大学 | 東海大学 | 田園調布学園大学 | 神奈川県立保健福祉大学 | 新潟青陵大学 | 新潟医療福祉大学 | 山梨県立大学 | 帝京科学大学 | 身延山大学, 金城大学 | 北陸学院大学 | 中部学院大学 | 東海学院大学 | 聖隷クリストファー大学 | 静岡福祉大学 | 日本福祉大学 | 同朋大学, 花園大学 | 京都女子大学 | 羽衣国際大学 | 大阪人間科学大学 | 神戸医療福祉大学 | 神戸女子大学 | 桃山学院大学, 岡山県立大学 | 広島文教大学 | 福山平成大学 | 広島国際大学 | 宇部フロンティア大学 | 徳山大学 | 聖カタリナ大学 | 高知県立大学, 西九州大学 | 長崎純心大学 | 長崎国際大学 | 熊本学園大学 | 九州看護福祉大学 | 九州保健福祉大学 | 鹿児島国際大学, 札幌大谷大学 | 聖徳大学 | 同志社女子大学 | 広島文化学園大学 | 徳島文理大学 | 活水女子大学 | 平成音楽大学, 郡山女子大学短期大学部 | 宇都宮共和大学 | 宇都宮短期大学 | 上野学園大学短期大学部 | 大垣女子短期大学 | 鈴鹿大学短期大学部 | 華頂短期大学 | 大和大学 | くらしき作陽大学 | 山口芸術短期大学 | 四国大学短期大学部 | 徳島文理大学短期大学部 | 福岡女子短期大学 | 宮崎学園短期大学 | 平成音楽大学, 茨城音楽専門学校 | 国際音楽療法専門学院 | 東邦音楽大学 | 国立音楽大学 | 東京心理音楽療法福祉専門学校 | 日本大学 | 昭和音楽大学大学院 | 東海大学 | 長野医療衛生専門学校 | 名古屋音楽大学 | 名古屋芸術大学 | 相愛大学 | 武庫川女子大学, 東海大学 | 桜美林大学 | 法政大学 | 崇城大学 | 千葉科学大学 | 第一工業大学 | 日本航空大学校 | 航空大学校, 日本航空 | 全日本空輸 | オリエンタルエアブリッジ | 日本トランスオーシャン航空 | 日本貨物航空 | 日本エアコミューター | 琉球エアーコミューター | エアージャパン | ジェイエア | AIRDO | ソラシドエア | 北海道エアシステム | 天草エアライン | アイベックスエアラインズ | ANAウイングス | スターフライヤー | フジドリームエアラインズ | Peach Aviation | バニラ・エア | ジェットスター・ジャパン | 春秋航空日本 | スカイマーク | 本田航空 | 朝日航空 | 三菱重工業 | 三菱航空機 | ボーイング・ジャパン | エアバス | 三菱商事, 全日本航空事業連合会 | 航空輸送技術研究センター | 日本航空協会 | 日本女性航空協会 | 日本学生航空連盟 | 日本航空機操縦士協会, 北海道大学(水産学部) | 岩手大学(農学部) | 東北大学(農学部) | 東京大学(農学部) | 東京海洋大学(海洋資源環境学部・海洋生命科学部) | 北里大学(海洋生命科学部) | 日本大学(生物資源科学部) | 福井県立大学(海洋生物資源学部) | 東海大学(海洋学部) | 三重大学大学院(生物資源学研究科) | 京都大学(農学部) | 近畿大学(農学部) | 広島大学(生物生産学部) | 水産大学校 | 高知大学(農林海洋科学部) | 九州大学(農学部) | 長崎大学(水産学部) | 宮崎大学(農学部) | 鹿児島大学(水産学部), 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 生物生産研究農場 | 帯広畜産大学 畜産フィールド科学センター | 酪農学園大学 フィールド教育研究センター | 弘前大学 農学生命科学部 附属生物共生教育研究センター(藤崎農場) | 北里大学 獣医学部 附属フィールドサイエンスセンター(十和田農場) | 岩手大学 農学部 附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター(後明神牧場) | 東北大学大学院 農学研究科 附属複合生態フィールド教育研究センター | 宮城大学 食産業学部 附属農場 | 秋田県立大学 生物資源科学部 附属フィールド教育研究センター | 山形大学 農学部 附属やまがたフィールド科学センター エコ農業部門 | 茨城大学 農学部 附属フィールドサイエンス教育研究センター | 筑波大学 農林技術センター | 宇都宮大学 農学部 附属農場 | 千葉大学 環境健康フィールド科学センター | 東京大学大学院 農学生命科学研究科 附属生態調和農学機構 | 東京農工大学 農学部 附属広域都市圏フィールドサイエンス教育研究センター | 玉川大学 農学部 総合農学研究センター | 明治大学 農学部 黒川農場 | 日本大学 生物資源科学部 附属農場 | 東京農業大学 農学部 伊勢原農場 | 日本獣医生命科学大学 富士アニマルファーム | 山梨大学 生命環境学部 附属農場 | 信州大学 農学部 附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター | 信州大学 繊維学部 附属農場 | 新潟大学 農学部 附属フィールド科学教育研究センター | 石川県立大学 生物資源環境学部 附属農場(附属実験農場) | 静岡大学 農学部 附属地域フィールド科学教育研究センター | 岐阜大学 応用生物科学部 附属岐阜フィールド科学教育研究センター | 名古屋大学大学院 生命農学研究科 附属フィールド科学教育研究センター 東郷フィールド | 名城大学 農学部 附属農場 | 三重大学大学院 生物資源学研究科 附属紀伊・ 黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター 附帯施設農場 | 京都大学大学院 農学研究科 附属農場 | 京都工芸繊維大学 生物資源フィールド科学教育研究センター | 京都府立大学 生命環境学部 附属農場 | 大阪府立大学 生命環境科学域 附属教育研究フィールド | 神戸大学大学院農学研究科 附属食資源教育研究センター | 近畿大学 附属農場 | 龍谷大学 農学部 | 鳥取大学 農学部 附属フィールドサイエンスセンター | 島根大学 生物資源科学部 附属生物資源教育研究センター 農業生産科学部門 | 岡山大学 農学部 附属山陽圏フィールド科学センター | 広島大学大学院 生物圏科学研究科 附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター | 県立広島大学 生命環境学部 附属フィールド科学教育研究センター | 山口大学 農学部 附属農場 | 香川大学 農学部 附属農場 | 高知大学 梅林海洋科学部 附属暖地フィールドサイエンス教育研究センター | 愛媛大学 農学部 附属農場 | 九州大学 農学部 附属農場 | 佐賀大学 農学部 附属アグリ創生教育研究センター | 東海大学 農学部 農学教育実習センター | 宮崎大学 農学部 附属フィールド科学教育研究センター | 南九州大学 環境園芸学部 附属フィールドセンター | 鹿児島大学 農学部 附属農場 | 琉球大学 農学部 附属亜熱帯フィールド科学教育研究センター, 愛媛大学 | 熊本大学 | 長岡技術科学大学 | 室蘭工業大学 | 香川大学 | 埼玉大学 | 兵庫県立大学 | 山口大学 | 九州工業大学 | 豊橋技術科学大学 | 福井大学, 岡山理科大学 | 上智大学 | 東京工科大学 | 明治大学 | 近畿大学 | 拓殖大学 | 東京電機大学 | 立命館大学 | 芝浦工業大学 | 東海大学 | 東京理科大学, 秋田大学 | 旭川医科大学 | 山形大学 | 筑波大学 | 愛媛大学 | 浜松医科大学 | 滋賀医科大学 | 宮崎大学 | 富山大学 | 島根大学 | 佐賀大学 | 大分大学 | 高知大学 | 福井大学 | 山梨大学 | 香川大学 | 琉球大学, 杏林大学 | 北里大学 | 川崎医科大学 | 帝京大学 | 聖マリアンナ医科大学 | 愛知医科大学 | 埼玉医科大学 | 金沢医科大学 | 藤田医科大学 | 兵庫医科大学 | 福岡大学 | 獨協医科大学 | 東海大学 | 近畿大学 | 東北医科薬科大学 | 国際医療福祉大学, Health Planning Development by Health Futures Methodologies, ベトナム電力グループ原子力技術者向けの特別上級教育課程(ベトナム原子力プロジェクト人材育成計画), 『東海大学五十年史 部局編』発行者 学校法人東海大学 1993年11月1日 pp.40-41等を参照, 各年度20名 これらの学生は、教養科目単位を放送大学にて習得後、湘南キャンパスで受講する形式であった。『東海大学五十年史 部局編』発行者 学校法人東海大学 1993年11月1日 pp.40-41等を参照, 東海大学体育学部設置認可申請書 その他、東海大学体育学部30年史編集委員会編『東海大学体育学部三十年史』1997.10 など参照, 1967年『履修の手引』 その他、東海大学体育学部30年史編集委員会編『東海大学体育学部三十年史』1997.10 など参照, 東海大学体育学部武道学科増設届出書 その他、東海大学体育学部30年史編集委員会編『東海大学体育学部三十年史』1997.10 など参照, 「波浪推進船は波を利用した推進力のみで大洋航海が可能で、電力も太陽光発電で供給できるなど環境に優しい船」(日本郵船 当該HPより引用)(閲覧日2016.11.21), 「東海大学海洋学部三十年史」編集委員会『東海大学海洋学部三十年史』発行者東海大学海洋学部 p175 1992.10.20発行, 「医学教育で重要視されるクリニカル・クラークシップ、PBL(問題解決型学習)、チューター制の要素をすべて満たし、かつ教育計画部がFD 活動も含めて、教育全般を統括的に指導する体制が出来ている点が特徴である。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用) 2016年11月18日閲覧, 「本取組は、東海大学海洋学部における教育理念としての「海を知り」、「海を守り」、そして「海の持続可能な利用」を推進するために、体験型実習を基盤とした問題発見解決型・文理融合教育を通して、21世紀における地球・人類にとっての最大の課題である地球環境教育を実践する。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「自らの教育実践力のレベルを、客観的かつ具体的に把握することで、より主体的な行動力と思考力を備えた資質の高い教員となることを目指します。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「この取組によって、学生の早期離職の減少を図るとともに、多様化した社会に順応できる人材育成を実現することを目的とする。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「東海大学教養学部は、人間環境と芸術、国際の3学科から構成されており、人文、社会、自然科学の3つの専門領域が存在している。そして、学部共通科目群を中心に、広い視野で総合的な判断力を有する均衡の取れた文理融合型の人材を育成してきた。しかしながら、従来型の学部教育では、変化の激しい21世紀型社会に対応できる能力の育成は困難となってきた。このような背景をふまえ、新たな21世紀型人材育成の学際的実践教育モデル「SOHUM(ソヒューム)プログラム」を提案する。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「大学、同窓会、保護者の三者が一体となり、学生の就職力向上と内定取消者への支援を行う。(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「本取組は企業人の協力を得た全学的な就業力育成体系の構築を含め、学生の主体的な学修や大学生活の設計を促進するナビゲーション体制の確立を図るものである。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「より主体的な意欲と明確な目的意識を持った社会人・職業人の育成を図るものである。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「本取組みでは、協定大学との連携のもと、優れた臨床医師を育成するために卒前・卒後を通じた米国式臨床評価システムおよび教育方法を日本の制度にあわせた形で取り入れることを目的とする。医師・教員等の派遣を行い、米国式の教育支援体制の導入を行うことで組織的教育体制を強化し、新しい臨床技能評価システムおよび教育方法を確立する。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「本学医学部は、教育計画部を中心に先進的な教育改革を行って『良医』の育成を図っており、平成17年度には本プログラムにより臨床実習後の臨床技能評価を組織的に実現している。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「新たに整備した臨床技能訓練センターにおいて臨床現場に近い臨場感ある臨床技能訓練プログラムを具体化する予定」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「今般、更なる大学院教育の国際化を目指し、海外での学位取得及び研究活動を希望する優秀な学生等の支援をするためのプログラムとして、本取組を位置づける。特に本学の特色である、理工系学部・研究科における若手研究者の育成と、本学既存の海外派遣留学プログラムなどを利用した語学留学参加学生又はこれから留学予定の学生等にとって、更に高いステージでの海外留学を目指す動機付けとなるプログラムという二つの要素を持っている。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「海外からの留学生を含め、国内外からの入学希望者を募る。そのため、講義は全て英語とし、研究指導も英語で行なう。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「欧米並みの研究マインドを持つ医師や研究者を育てる博士課程および、境界領域職を育てる修士課程において情報の発信・収集・選択能力とともに、グローバルな生命倫理観と医学・医療に見識を持つ人材を育成するものである。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「「リカレント教育」を実施し、既卒者と在学生の交流を通して教職に対する意欲と情熱の醸成を図る。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「米国と欧州の実務専門家の本学における教育活動(文献収集費・渡航費・滞在費等)の支援、そのために本学教員等が行なう外国知的財産法実務の研修、今後拡大するアジア、特に中国等の実務専門家の招聘の準備活動を行う。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「本取組は、本学の臨床技能訓練センターを利用し、健康科学部看護学科における社会人教育の実績や学習評価方法と附属病院看護部の研修プログラムを一体化し、看護職有資格者に対するさまざまな学び直しニーズに応えるコースを体系的に開講し、履修を組み合わせることにより、社会の「看護師に対するニーズ」と看護師の「復職支援」・「スキルアップ」等のニーズを合致させ、医療の充実を図るものである。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「これまでの実績{組織整備、32科目のe-Learning教材の開発、SRMS(学生カルテ)及び授業評価システムの開発運用、「30単位までのe-Learning履修可」導入などを基盤にして、地域総合型短大に必要な基礎的教養・スキル・専門等の50正規開講科目のe-Learning教材(マルチストーリー化やユニバーサルデザイン化も含む)の改良・開発を行うと共に、学生カルテ運用のもとでの、洗練されたe-Learning Programの展開に取組むものである。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 「CSR(企業の社会的責任)の社会貢献には限界がある。産学公と市民を融合して地域に根ざした社会貢献を実践するには「大学の知・人・力」が不可欠である。本取組は、汎用性のある独自の「USR(University Social Responsibility)型社会貢献モデル」を創出し、継続的な地域活性化を目指すものであり、その拠点として「, 「大規模大学ならでは可能となる「全国連動型地域連携活動」を柱とし、地域特有の問題、共通の問題をすべての校舎の学部、学生、研究者が共有し、協力して解決策を見いだしていく。」(公益財団法人文教協会 当該プログラムより引用)2016年11月18日閲覧, 学校法人東海大学『東海大学五十年史 通史編』pp.531-532 1993年11月1日発行, 静岡大学とともに「静大発“ふじのくに”創生プラン」、熊本大学とともに「“オール熊本”で取り組む熊本産業創生と雇用創出のための教育プログラム」へ参画, NHK放送技術研究所 各年度 研究年報 「滞在研究員、実習生の受け入れ、研究者の海外派遣」参照, 学生は横須賀基地業務隊司令・堀内久蔵1海佐(東海大学出身)の講話を交えた昼食体験後、3グループに分かれて、第61護衛隊護衛艦「きりしま」(司令・吉村司郎1海佐)の乗組員から、艦内装備品の前でイージスシステムなどの説明を受けた。この間、昼食体験及び艦内装備品の説明時に東海大学海洋学部出身の現職幹部自衛官2名がこの研修に駆けつけ、後輩学生のために熱心に説明し、学生の質問に懇切丁寧に応えていた。(閲覧日2016.11.20), 開発隊群で説明にあたった幹部は、東海大学海洋学部出身で、参加した学生にとっては同窓の先輩。自衛隊を職場に選んだ場合の具体的な将来像を目の当たりにし、これからの就職活動への励みになったようであった。(閲覧日2016.11.20), 東海大学五十年史編集委員会編『東海大学五十年史 部局篇』東海大学 p157 1993.11, 東海大学五十年史編集委員会編『東海大学五十年史 部局篇』東海大学 pp.158-162 1993.11, 東海大学五十年史編集委員会編『東海大学五十年史 部局篇』東海大学 p59 1993.11, 『東海大学五十年史 部局編』発行者 学校法人東海大学 1993年11月1日 p149, ザ・ワシントン・センター・フォー・インターンシップス・アンド・アカデミック・セミナーズ, 研究論文に着目した日本の大学ベンチマーキング2015-大学の個性活かし、国全体としての水準を向上させるために-, 研究者が所属する研究機関別 採択件数・配分額一覧(平成23年度 新規採択+継続分), 当院では、1999年から1年6か月にわたり、当時の厚生省の試行的事業として運航が開始されました。その後、2001年より厚生労働省の「ドクターヘリ導入促進事業」として開始され今日に至ります。, 東海大学医学部医学科では、先駆的な試みとして1997年から診療参加型のクリニカルクラークシップを導入しています。, キャビンアテンダント出身校ランキング 1位はやっぱりあの大学 AERA dot.

.

ジャケット 型紙 メンズ, Cold War あの歌、2つの心 Wowow, 目隠しフェンス Diy 基礎, スターウォーズ ハリーポッター どっち, 薄力粉 ベーキングパウダー パン オーブン, シエンタ ハイブリッド 異音, ドラムロール 効果音 長い, 食べる ヨーグルト は 太り ます か, Edge スクロールバー 表示されない, Vba 名前を付けて保存 変数, Juju 奏 ロケ地, 断熱材施工器具 マーク いつから, おかあさんといっしょ 歌詞 2020, 動画編集 画質劣化なし アプリ, エクセル 印刷できない 設定, Twitter 画像保存 パソコン, Wordpress 固定ページ 投稿 表示, 日能研 マスター1095 3年, ファンタイム ボニーラ 座席 表, ミニマリスト 財布 主婦,