星野 伸之(ほしの のぶゆき、 1966年 1月31日 - )は、北海道 旭川市出身の元プロ野球選手(投手)。 野球解説者、野球評論家、野球指導者。. 『俺たちの時代』を語り尽くそう 〜トレンディエース編〜, “Growing Pains -- Ryan Anderson -- M's Young Pitcher Learning To Control His Mouth”, http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19990324&slug=2951277, 球数制限について桑田さんの思ってる事と良いと思ったピッチャーベスト3を豊さんと聞いてみたよ〜♫, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=星野伸之&oldid=78436324, 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更, 1000奪三振:1992年5月6日、対近鉄バファローズ6回戦(藤井寺球場)、11回裏に, 100勝:1993年8月17日、対日本ハムファイターズ18回戦(東京ドーム)、先発登板で8回2失点 ※史上108人目, 1500奪三振:1995年8月20日、対福岡ダイエーホークス22回戦(グリーンスタジアム神戸)、2回表に, 150勝:1997年9月13日、対西武ライオンズ22回戦(グリーンスタジアム神戸)、9回3失点完投勝利 ※史上41人目, 2000奪三振:2001年8月1日、対ヤクルトスワローズ18回戦(阪神甲子園球場)、9回表に. 2020.11.02. 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, ゴールデンウィーク直前の4月20日を過ぎた辺りから、SNSで「(このような非常時にも)星野リゾートは100パーセントのキャンセル料を請求する!」という投稿が拡散し一部炎上している。“星野リゾート”“100パーセント”というキャッチーなワードが独り歩きしている感もあるが、果たして実態はどうなのだろうか。, 筆者は既刊の執筆本なども含め星野リゾートへの取材経験も多いが、いま営業していることそのものの是非も含めて考えていくことにする。※現場取材が叶わない下でデータや資料中心の考察につき推測的な表現が多くなってしまうこと、少々長い記事になってしまうことについてもお許しいただきたい。, 改めて星野リゾートのキャンセルポリシーについて調べてみると、様々なブランドがある中でキャンセル料発生は21日前から10パーセント、3日前から100パーセントというのが共通している(公式サイトより)。一部、割引率の高い優待プランは予約時から100パーセントというのもあるが、安い分リスクを負うということで、これは他のホテルでもよくみられる規定だ。, 一般的なビジネスホテルなどでは3日前から30パーセント、前日50パーセント、当日100パーセントというようなケースを見かける。中には当日無連絡のみ100パーセントといったホテルもあり、そうした規定と比べると厳しいようにも見える。ただし、予約が取りにくいような観光地の人気ホテルや旅館など、特に高額な料金帯であれば、仮押さえ的な動きを防ぐ意味でも数週間前から発生させる規定は時々見かけるし、ディズニーホテルなどは予約金が必要ともされている。, “100パーセント”というワードが拡散したもうひとつの考えられる解釈は、21日前を過ぎてからキャンセルしたら有無を言わさず10パーセントきちんと取られた、すなわち星野リゾートはコロナ禍でも予約者の事情も考慮してくれず、とにかく100パーセント(の確率で)請求してくるという意味合いでの100パーセントという受け取り方も(少ないだろうが)可能性としてはある。, 話を戻して以上からキャンセルポリー上でいえば、3日前以後のように100パーセント請求されるというタイミングもあるし、そうではないタイミングもあるという点を鑑みる、星野リゾートのキャンセル料100パーセントは正しいか?というタイトルの答えとしては、ある意味正しく、ある意味正しくないということになる。, もちろん休業など施設側の理由や(予約者から請求したいくらいか)、場合によっては交通機関の不通などがあればキャンセル料請求されないのは一般的である。その他、実際にはケースバイケースで、もしかしたらというような様々な場面の想定はできるが、星野リゾートでもそうしたケースで応じてくれたというような話もいくつか確認できた。方針変更の有無などについても取材を進めなくてはならないが、施設によって異なる可能性もある。, 話を戻して、10パーセントにしても100パーセントにしても星野リゾートへの非難の根底には、実際とは別にして“緊急事態下状況が日々刻々と変化する中で杓子定規に請求するのはいかがなものか”という空気の支配がある。他の宿泊施設ではキャンセルポリシーにかかわらず、コロナ禍を考慮に入れてキャンセル料を請求しないホテルや旅館は多くあるという情報が広まっていたこともあるだろう。, また、旅という括りでいえば、公共交通機関等では無条件で払い戻す方向になっており、実際に筆者も経験したがJRからはコロナ感染防止という観点から無条件で払い戻しを受けた。, 航空会社などでも同様の措置が取られているようで、コロナ禍=キャンセル料不請求という図式が、ある種の常識として巷間で認識されている向きがある。(キャンセル料についてはコロナ禍以前から収受の不徹底など宿泊業界で様々な問題が指摘されているがここでは割愛する)。, cf.緊急時のキャンセル料の取り扱いについて「大型台風や非常時のキャンセル料は請求しないホテルも 早めの連絡を!」, 予約のタイミングという点ではどうだろう。仮にこの時期に直近の予約を入れるという行為は、コロナ感染拡大、緊急事態宣言下という旅への消極的要素が蔓延する中において相応の覚悟のもとだろうから、予約者の都合でのキャンセル料はきちんと収受すべきというのは理解できる。, 一方で、1~2週間という直近ではなく以前からの予約、具体的には数ヶ月前からの優待プランや21日前、特に緊急事態宣言前に予約をし、先行き不透明な中でキャンセル料の発生という点もあり決断をためらったようなケースはどう考えるべきか。, 早期からキャンセル料が発生するということで「いまキャンセルしてキャンセル料を支払うのなら、可能性が少しでもあればキャンセルせずに何としても行きたい」という心情はわからなくはない面もある。早期からのキャンセル料発生規定が、移動自粛要請下で旅を諦めるタイミングを逸する原因になっているとしたらある種の皮肉である。, 他方、緊急事態宣言は4月7日に7都府県、4月16日に全国へ拡大されたが、最初の緊急事態宣言下でにおいて、7都府県以外であれば旅ができると考え予約を保持していた人もいたかもしれない。それでも当時は既に移動自粛ムードに包まれており、旅行の可否について充分検討すべき環境下にあったことは言うまでもない。, SNSで発信された声であるが、予約者と思われる方の中には“キャンセルについて特段の取り扱いがなされるかなども含め実際に電話などで確認した”“支払わなければならなかったが早期にキャンセルを決断した”という声もあった。コロナ禍を考慮し宿のことも考え早期に自ら連絡したのに、それでもキチンとキャンセル料を請求されたことに違和感を持つ人もいた。, 中には非常時だけに施設側から“どうされますか?”などの確認連絡が来てもいいのではないか?という投稿もあった。このように様々な声が積み重なり「100パーセント請求された!」というワードが注目され拡散したのかもしれない。, ところで、ゴールデンウィーク中にも営業を続行するのは何も星野リゾートばかりではない。たとえば、保養所を一般の宿泊施設として運営していることで知られる「四季倶楽部」なども営業を続けている。, 公式サイトなど確認したところ、四季倶楽部、星野リゾート共にコロナ禍事由のキャンセルについて、特段の対応をする表明は見当たらなかった。ちなみに前述の通り、休業など施設側の理由によるキャンセルではキャンセル料を請求されないことは当然として、星野リゾートでは予約日を先延ばし(180日まで)した場合には、キャンセル料の請求はしない方針のようだ。, キャンセル料の請求という点に加えて、今回の星野リゾート批判には、観光地を中心に要請の有無にかかわらず自主的に休業を決める施設が増える中、営業を続行しているということそのものへの違和感も内含されている。, 営業続行についても公式サイトを確認してみると、全ての施設が営業しているわけではなく、例えば最上級ブランドの“星のや”でいえば、沖縄エリアの施設は休業、ただし、軽井沢や京都などは営業続行中とケースバイケース。自治体による営業自粛要請なども関係しているとみられる(営業施設については公式サイトで確認可能)。, 果たして星野リゾートのキャンセル料請求は正しいのか?営業続行は正しいのか?。利益を高めようとするビジネスとして法的にも違反していないのだろうからある意味で正しい。ゴールデンウィーク以降も緊急事態宣言の期間延長がニュースになり、さらなる経済の疲弊も危惧される中で、いま行われている自粛要請は本当に効果としてどうなのか?という意見も目立ち始めている。, ちなみに現在も営業を継続している一般の宿泊施設には、このような事態でも必要・緊急といった理由での需要があり宿泊施設は必須という意義のもと、社会インフラ的な側面からも営業を続けているケースは多い。観光目的という不要・不急とは一線を画するが、これらの考察については別稿へ譲ることにする。, もちろん考え方は人それぞれであるが、さて、星野リゾートへの宿泊が必要・緊急な事柄かといえばノーという意見が大勢だろう。ゲストばかりではなくスタッフの健康被害を心配する声もある。万が一感染者が出たらという危機管理を問う声も強い。, さらに、もはや感染の有無、施設の感染防止措置や効果といった次元の話ではなく、“そこへ移動することそのもの”が自粛されている中で皆が我慢して同調、協力している意味を理解しているのかという強い憤りも見え隠れする。, 本来ならば、このような状況下で営業しているリアルな現場の取材を経たいところであるが、残念ながら現場取材は叶わない。それでも宿泊するゲストの思い、感染症予防への取り組みはどうなのか、快適に滞在できるのだろうか等々興味は尽きない。, ちなみに、5/3~5日の2泊3日で「星のや軽井沢」の2食付き料金を調べてみた。このような状況なのでかなりお得に泊まれるだろうと想像したが「おこもり滞在(インルーム夕朝食付)2泊1室合計35万3760円」と表示された。, 同施設の通常のゴールデンウィーク期に比べたら確かに安い印象ではあるが、まぁ激安という感じではない。このような事態下では料金を下げても上げても来る人は来るという点でいえば、料金はあからさまに下げないというのは確かにセオリーといえる。かなり高額な料金ゆえ移動自粛・コロナ禍問題云々を除いても利用が叶う人々はある程度余裕のあるごく一部の人々だ。, なによりも、実際に出向いた人は果たして現地で歓迎されるのだろうか、心底リラックスした滞在ができるのだろうか、旅の大きな目的は心の解放だというが(大きなお世話であるが)人ごとながら心配になってしまう。, また、常識的な感覚があれば滞在の様子をSNS等へ投稿するのも憚られるだろう。「観光地はイメージが大事です」と星野代表は語っていたが、この時期に星野リゾートへ行ったというリア充投稿は「イメージ悪るっ!」と多くの人に却下されるのが関の山である。, 35万3760円・・・コロナ禍が経済を疲弊させる中で倒産、失業という事態も日々ニュースになる中、給付金でどうやって生きながらえるという市中の声とは乖離した世界だ。普通なら別世界の出来事はそもそも別世界で終わる話だが、このタイミングゆえ星野リゾートのキャンセル料という一般には別世界の出来事が情報拡散され批判を惹起させている。別世界も現実世界も一緒くたにするのもまたコロナ禍だ。, ところで、前述した星のやでは基本的に客室へテレビを置かない。非日常を大切にしたいがためという。確かにテレビからのコロナ関連二ユースは入ってこない。, 1971年生まれ。一般社団法人日本旅行作家協会正会員、財団法人宿泊施設活性化機構理事、一般社団法人宿泊施設関連協会アドバイザリーボード。ホテル評論の第一人者としてゲスト目線やコストパフォーマンスを重視する取材を徹底。人気バラエティ番組から報道番組のコメンテーター、新聞、雑誌など利用者目線のわかりやすい解説とメディアからの信頼も厚い。評論対象はラグジュアリー、ビジネス、カプセル、レジャー等の各ホテルから旅館、民泊など宿泊施設全般、多業態に渡る。著書に「ホテルに騙されるな」(光文社新書)「最強のホテル100」(イーストプレス)「辛口評論家 星野リゾートに泊まってみた」(光文社新書)など。, ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。, ホテルが増えた。非常に増えた。我々利用者にとって選択肢が増えることは喜ばしいが、多すぎるゆえに、いつものあのホテルなら安心と無難な選択をする人も多いことだろう。1泊5万円や10万円というようなホテルはダメなわけがない(と信じたい)。一方、1泊数千円~1万円程度の身近なビジネスホテルは玉石混交、事実当たり外れが多い。実際、シングルルーム主体の客室が多くを占める形態ゆえ、ゲスト目線の追求が最もシビアに現れるのもまたビジネスホテル。高級ホテルといっても安心してはいけない。多様なサービスを提供する業態だけにダメなポイントを露出する機会も多い。高い料金ゆえにゲストの目も厳しい。, ホテルに限らず、何事にも良いところ悪いところはあるわけだが、筆者のホテル評論手法も同一ホテルのある部分を絶賛することもあれば、別の部分は酷評することもある。単に「良いホテル」「悪いホテル」という表現は避けるようにしているが、がっかりポイントが多すぎるホテルは確かにある。これまで2000軒超のホテルを利用してきて、快適滞在を実現できたホテル、反面失敗と感じたホテルなどおおよその「見分けるポイント」をホテル選びに活用している。, 今回は初めて選ぶ際に気をつけたい、筆者なりのダメなホテルの見分け方をみていきたいと思う。もちろんゲスト各々で許容できるポイントは異なるだろうが、ひとつの見方として参考にしていただければ幸いである。, ホテルの公式ホームページに格好いい外観写真というのはよく見るが、時々外観写真が全く掲載されていない、あるいは小さく掲載されているようなホテルがある。スタイリッシュな客室写真に惹かれそうしたホテルへ出向くと、経年感アリアリといった外観でがっかりすることがある。経年建物のホテルは増えている。中途半端に客室のリニューアルはするものの外観までは手をつけられない。外観が古くても室内がキレイならば良いではないか、といった声もあるが、後述する空調問題、また劣化した水道管などが原因で悪臭が漂うといった体験をしたことも多い。中でもタチの悪いのは「新規開業」と大きく書かれたホテルへ出向いたら、ホテル名が変わっただけだったという経験だ。業界ではリブランドと称するが、聞こえはいいものの古いホテルを買収して室内だけ突貫工事でリニューアルするというケースは多い。, 最も重要なのがベッドメイキング。ホテルのベッドメイキングといえば、柄物のベッドカバー兼掛け布団は使い回し、間に1枚のシーツという「スプレッドタイプ」がベッドメイキングの伝統的スタイルだ。これだと寝返りなどでシーツがずれた場合に清潔感の乏しいカバー兼布団に触れてしまう可能性がある。確かにベッドメイキングの際は、ベッドカバー兼掛け布団は使い回しなのでそのまま、間に入れられた1枚のシーツのみを交換すればいいので効率は良いだろう。しかしそこにゲスト目線はない。, そこで最近のブームは「デュベスタイル」。羽毛掛け布団がすっぽり入るカバーリングで清潔感が高い。ビジネスホテルブランドでいえば、リッチモンドホテルやドーミーイン、アパホテルなどは当初からデュベスタイル。スプレッドタイプが定番だった東横インやスーパーホテルも、デュベスタイルへ移行しつつある。, デュベスタイルだからといって安心してはいけない。いまやデュベスタイルにセットともいえるのがベッドスローとクッションだ。純白のデュベカバーに映えるようなビビットカラーのスローやクッションは、一見してインテリアをスタイリッシュに引き締める。本来ベッドスローは靴の生活である海外で靴を履いたままベッドに横たわった際にベッドを汚さないためという役割があった。いまの日本ではベッドメイキングが終わりました、というサインともとれるが、, さて、あのスローをはじめクッションは清潔なのか。寝るときにスローやクッションが邪魔という声は多い。ではどこに移動させるか。畳んで丁寧に収納するという人もいれば、床へそのまま投げるという人も多い。毎回洗濯していれば良いが、知る限りそうしたホテルは少ない。見栄え重視、内実はいかがなものか。, ホテルの客室は高い機密性ゆえ空調問題はかなり重要だ。エアコンがないというホテルは存在しないかと思われるが、エアコンがあるとはいっても安心してはいけない。憂慮すべきは大規模な施設に多い「全館空調」。新しい建物であれば、全館空調でも冷暖房や送風などの切り替え、温度など細かい設定ができる設備もみられるが、経年建物の場合快適な空調とは言い難いホテルは多い。, すなわち冷房・暖房・送風のいずれかで全館統一される全館空調ということであるが、客室の操作パネルの温度を変えようとも冷房は暖房にならないし、暖房は冷房にならない。特に困るのが季節の変わり目。寒い時には簡易的な暖房器具の貸し出しをしてくれるホテルもあるが、暑い際の蒸し風呂状態になるような全館空調は救いようがない。このような時の救世主は「開閉できる窓」である。最近、チェーン系のビジネスホテルで見られる各客室個別に設置されたエアコンなら自由自在だ。, 宿泊施設の伝統的なスリッパといえば「ビニールスリッパ」であるが、誰が履いたかわからない使い回しゆえ、抵抗感のあるゲストも多い。特にお風呂上がりの濡れた足で履くのだけは避けたいスリッパだ。最近はパイル地の「使い捨てスリッパ」を採用するホテルが増えている。丁寧にビニールへ入れられたゲスト専用のスリッパであり、もちろん持ち帰ることもできる。一度使用しただけで捨てるには勿体ないクオリティのものも多く、筆者は「お持ち帰りスリッパ」と表している。, 一方、限られたサービスとはいえ、スタッフからの心ない言動や配慮なき対応で、折角のホテルステイが台無しということもある。そしてミスよりタチが悪いのは自覚なきこと。たとえば、料金精算の際に隣客に聞こえるような大声で料金を発するスタッフ。廊下中響き渡るようなおしゃべりをしている客室清掃スタッフ。サービスを売るホテルにとっては致命的だ。, これは私が本当に経験した話だが、破れた布団をガムテープで補修してあるホテル(池袋駅至近)があった。絶望的な気分になったのは言うまでもない。, 過剰な客室確保?何度も予約取り直し!? いまホテルはこんな客に困っている(GoTo編), 宿泊券10枚要求!? 対応を見せてもらおうじゃないの! いまホテルはこんな客に困っている, 「バイデン」の人身攻撃に無言の「金正恩」 ツケを払わすのか、自制するのか!(辺真一), 配信ライヴを“一時しのぎ”にさせなかった“おもしろそう”の追求(和田明「ジャズプロ」インタヴュー)(富澤えいち), JUJU “男の涙”がテーマのカバー作『俺のRequest』は「この2020年だからできた作品」(田中久勝), 女子ラグビーの鈴木彩香選手、さらなる成長めざし英国挑戦。「メチャ、ワクワク」(松瀬学), 新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からさぐる(2020年11月14日時点)(不破雷蔵), GM兼監督就任の石井一久 メジャーでのチームメイトには監督経験者がたくさん(三尾圭), 「いい流れ」を生かした上位陣。1打差、暫定5位タイの松山英樹の首位浮上は「まったく驚きではない」(舩越園子), パナマ戦・メキシコ戦 観てどう思いますか?【第2回日本代表監督支持率調査】実施(吉崎エイジーニョ), <朝ドラ「エール」と史実>人気1位の名曲「高原列車は行く」。古関裕而の弟の“恋愛話”との関係は?, ユニクロとジル・サンダーの「+J」発売 直後にメルカリに大量出品 店舗とサイト混乱も, 「君は女ではないと言われているようで...」トランスジェンダー女性教諭が女子トイレを使えない理由とは, <朝ドラ「エール」と史実>離別の真相…村野鉄男のモデル・野村俊夫の弟は、ガダルカナルで戦死していた, <朝ドラ「エール」と史実>「夜は飲みつづけ、日中は寝つづけ」佐藤久志のモデルも酒浸り…どう復活した?, <朝ドラ「エール」と史実>「楽団からホーッと歓声…」音のモデルは、藤山一郎・李香蘭とオペラに出ていた, <朝ドラ「エール」と史実>「やはり球場に立ってよかった」甲子園で脳裏に湧いた「栄冠は君に輝く」実話, 11月14日の関連記事スクラップ/中学入試・出題範囲を縮小/いじめ対応・自治体が迅速に.

.

スプレッドシート 条件付き書式 カスタム数式, スピッツ グラスホッパー 意味, Sftp コマンド Windows 秘密鍵, フリクション 蛍光ペン 暗記, 旅のしおり 手作り 100均, フラッシュゲーム オンライン 鬼ごっこ, マークイズ 映画 ジブリ, 京橋 駐輪場 月極, シェーン英会話 講師 給料, 臆病者 英語 読み方, Googleフォト 共有候補 知らない人, フットサル 人工芝 トレシュー, 足立区 住民票 コンビニ, 保育園 お迎え 様子, ヤフオク 着払い かんたん決済, ジョリーパスタ バイト 高校生, ディズニー 買えた ツイッター, キム ジョンス 映画 プロデューサー, オジロ ザウルス マッチョ 結婚, プレミアプロ 書き出し 高画質, イラストレーター 文字 編集 アウトライン, デロルト Phvb L型チョーク, エクセル 表 大き さ 揃える, Mixamp Pro Tr Usbマイク, 大分 別府 誕生日 ディナー, ステンレス鍋 空焚き 焦げ, マウス 勝手に動く ウイルス, 小学生 暗唱 教材, 新大久保 コスメ 安い, 太鼓の達人 Ps4 タタコン, 風水 キッチン 包丁, 望まれる 英語 論文, 動画圧縮 オンライン おすすめ, Google 検索 表示されなくなった, 豆電球 つかない理由 理科, Googleフォト 共有候補 知らない人, エアレジ ネット 環境, ホテル 婚 活 パーティー 服装,