・ScanSnapのダイレクト接続はタブレットに直接送れるので便利 1日の1/3以上を占める仕事時間が充実すれば、より良い人生になる確率はグッと上がります。まずは、Excelを実務へフル活用し、デスクワークの生産性を上げてしまいましょう。そのための考え方やテクニックをこのブログでは解説していきます。, 定期的にExcelでデータの整形・加工作業してるんですけど、けっこう時間をとられています。。, マウス操作中心で一連のデータ整形・加工の手順を記録させて、自動化することが可能です。, Power Query(パワークエリ)とは、Excel2016以降から標準になった機能のひとつであり、主に各種データの取り込み、そのデータの整形・加工(データの変換、列の追加、並べ替え等)といった一連の定型作業を自動化することができます。, イメージ的には、データを扱う一連のプロセスの中では、以下のとおり「データ収集」「データ整形」がPower Query(パワークエリ)の適用範囲です。, しかし、マクロを作成するには、VBAというOffice専用のプログラミング言語を習得する必要があるため、習得のハードルは高めです。, 一方、このPower Query(パワークエリ)なら、基本的にはマウス操作中心で一連の作業手順を記録できるため、マクロと比べるとハードルは低めと言えます。(ピボットテーブルよりやや難しいレベル), このPower Query(パワークエリ)ですが、大枠のイメージは次の3ステップで設定していきます。, なお、Power Query(パワークエリ)には、さまざまなデータに対応しておりますが、ここで何を指定するかがポイントです。, 作業を自動化するためには、データ更新がなされる場所になるものをきちんと指定しましょう。, 各ファイルでデータが追加・修正されるのであれば、該当のファイルを指定すれば良いです。(上記パターン1~3), 逆に、特定のフォルダーへ都度ファイルを追加していくなら、パターン4のようにフォルダー単位で指定します。, なお、Power Query(パワークエリ)では、専用のエディター(Power Queryエディター)があり、そのエディター内で作業を記録させていきます。, タブ毎にコマンドがグルーピングされていますので、どのタブにどのコマンドがあるかは以下をご覧ください。, 各作業手順(ステップ)がどんな処理がされているか、「M」という言語で記録されています。, 基本的には、この数式バーを直接編集せずとも、コマンド等の操作により自動的に記録されるものなので、最初はここを触らなくとも大丈夫です。, この数式バーの表示/非表示を変更したい場合は、リボン「表示」タブにて「数式バー」のチェックのON/OFFで設定変更してください。, こちらは、取り込んだデータに対し、記録させた作業の実行結果を確認するための領域です。, この領域では、以下のとおり「クエリ名」と「適用したステップ」という2つの箇所を覚えておきましょう。, なお、そもそも「クエリ」という単語が聞きなれない方向けに解説しますが、ざっくりいうとデータベースに対しての命令文(検索、更新、削除、抽出など)のことです。, そして、その作業の各手順(ステップ)が、「適用したステップ」へ記録されていきます。, ここで記録された各作業は、上から下へ1つずつ順番に取り込んだデータに対して処理を行っていくことになります。, 該当ステップ上で「F2」キーを押すか、右クリック→「名前の変更」でリネームが可能ですよ。, では、実際にPower Query(パワークエリ)でどんなデータ整形ができるのか、解説していきましょう。, なお、なぜか英数カナの全角⇔半角の変換ができないため、置換などで代用が必要となりますので、ご注意ください。, なお、Power Query(パワークエリ)のデフォルト設定は、新規ワークシートへテーブルとして整形後のデータを返す仕様ですが、Power Queryエディターの閉じる際に、任意でデータの表示方法を変更することもできます。, 表示方法として選択できる内容は4つありますが、「テーブル」か「接続の作成のみ」のいずれかが一般的です。, いずれも、ワークシートへ戻りますが、右側に「クエリと接続」ウィンドウが表示され、ウィンドウ上にはクエリ名もありますね。, 「テーブル」を選択した場合は、新規ワークシートへデータ整形結果が出力され、ウィンドウ上のクエリ名の下には、読み込まれた行数(データのレコード数)が表示されています。, 一方、「接続の作成のみ」を選択した場合は、ワークシートへ出力されず、データ整形の結果はExcelブック内に保持された状態になります。, これを選択するケースとしては、ブック内の複数テーブルを一旦取り込み、あとで転記や結合させたい場合など、いちいちデータの出力をしたくない場合に便利です。, このPower Query(パワークエリ)を用いて作成されたクエリがあるExcelブックを改めて開く場合、以下のような「セキュリティの警告」メッセージが表示されます。, なお、クエリ作成後の編集や削除、更新などの各種基本操作については、以下の記事をご参照ください。, 今回は、Power Query(パワークエリ)がどんな機能なのか、また、どのように使えば良いか、重点的に解説してみました。, 関連記事を拡充次第、本記事の各ステップへリンクを適宜追加していきますので、実務で活用する際に、ぜひご活用くださいね。, なお、Power Query(パワークエリ)の各種テクニックは、私の拙著でも体系的に解説していますので、こちらも参考にしてみてください。, このPower Query(パワークエリ)は、まだまだ使いこなしている人は少数だと思います。, しかし、Excelを用いたデスクワークがある方にとって、活用できるケースは広く、生産性を高めることが期待できる機能でもあります。, 複数データの整形・加工を定期的に行う業務がある方は、ぜひこの機能を習得してみはいかがでしょうか。, ピボットテーブルも関数も、パワーピボットもパワークエリも、ケースに応じて良いとこ取りで使い倒す。Excelを全方位的にフル活用する。それが、「Excelで行うデータ集計・分析」を極めるための近道であり、本書ではそのノウハウを徹底的に追求します。 データを結合するファイルはフォルダーに入れてあること想定しての説明になります。, 今まで手動でやっていたことが、「Power Query」を使うとこんなにも簡単に手間も時間もかからず作成できちゃいます。, Excel2016は、標準装備されていますが、それ以外はMicrosoftサイトからダウンロード、インストールが必要です。, システム要件:対応する環境 趣味は読書(主にビジネス書・漫画)、ラーメン食べ歩き、デカ盛りグルメ、ライフログをとること。, 主に各種データの取り込み、そのデータの整形・加工(データの変換、列の追加、並べ替え等)といった一連の定型作業を自動化することができます, 基本的にはマウス操作中心で一連の作業手順を記録できるため、マクロと比べるとハードルは低め, Power Query(パワークエリ)のデフォルト設定は、新規ワークシートへテーブルとして整形後のデータを返す仕様, 「テーブル」を選択した場合は、新規ワークシートへデータ整形結果が出力され、ウィンドウ上のクエリ名の下には、読み込まれた行数(データのレコード数)が表示, 「接続の作成のみ」を選択した場合は、ワークシートへ出力されず、データ整形の結果はExcelブック内に保持された状態, ピボットテーブルも関数も、パワーピボットもパワークエリも、ケースに応じて良いとこ取りで使い倒す。Excelを全方位的にフル活用する。それが、「Excelで行うデータ集計・分析」を極めるための近道であり、本書ではそのノウハウを徹底的に追求します。, Excelブック内のテーブルやセル範囲のデータを取得する方法[Power Query(パワークエリ)基礎] | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~, https://excel-master.net/data-base/power-query-data-acquisition-table-or-range/, テキストファイルまたはCSVファイルのデータを取得する方法[Power Query(パワークエリ)基礎] | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~, https://excel-master.net/data-base/power-query-data-acquisition-text-or-csv/, 別ブックのテーブル/シートの単一データを取得する方法[Power Query(パワークエリ)基礎] | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~, https://excel-master.net/data-base/power-query-data-acquisition-book-single/, Power Query(パワークエリ)で作成したクエリの編集・削除・更新などの基本操作 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~, https://excel-master.net/data-base/query-basic-operation/, ピボットテーブルも関数もぜんぶ使う! ・キーになる列で結合 日々Excelを用いてデータ集計や分析作業を行っている方におすすめの本です。, 現役会社員(BPO業界勤務/管理職)×Excelブロガー×Excel本著者×Excelセミナー講師のパラレルワーカー。, 新著「ピボットテーブルも関数もぜんぶ使う! Copyright© 経理と総務の効率化 , 2020 All Rights Reserved. ・「ix1500」と「ix500」と比較して便利になった3つの機能 *2019年9月 Toiさんのアドバイスで、引数をまとめたバージョンにしました。ありがとうございます。ExcelのPower QueryとはExcel 2013のプラグインとして提供され、Excel 2016から標準装備になったデータの整理 photo credit: elviskennedy Big Foot 6 via photopin (license), 「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」は、ノンプログラマーがプログラミングをはじめとするITスキルを学び合うコミュニティです。, と、いう感想を耳にするのだけど、あまり情報もないし、そもそも何もの?という方も多いのではないでしょうか。, ということで、今回の定例会のテーマは、「ノンプログラマーのためおパワークエリ・パワーピボット入門」です!, トップバッターはノンプロ研のExcel教祖といえばこの方、矢野さん (https://twitter.com/PinchiWaChanceD)です。, まず、パワークエリ(PowerQuery)とは何か、ということなのですが、ひとことでいうと「データ整形に特化したExcelの機能」です。, すごく、遠い存在の機能のように思う方もいるかも知れませんが、まったくそんなことはなく、Microsoft 365またはExcel2016以降のExcelに搭載されている「標準機能」です。, つまり、特別にインストールしたり、プランの契約をする必要なく、普段のExcelを開けばすぐに使用することができます。, ちなみにExcel上では「データ」→「データの取得と置換」という地味な名前で鎮座しています。, そんなシートから、うまくデータを取り出したい…そのために、コピペをひたすら繰り返す…みたいなことありますね。, パワークエリを使えば、以下のような手順で、必要なデータだけを取り出すことができます。, パワークエリのすごいことは、このデータ収集・整形の手順を「ステップ」の集まりとして記録できるということです。, そして、その手順を再現できます。ですから、同じフォーマットの帳票がやってきた場合、すでに作成済みのクエリで同じ作業を、ポチっと自動で行えるわけです。, 矢野さんのプレゼンで印象深かったのは、これによりとある逆転現象が起きるということ。, 扱いづらいExcelが蔓延しているとしても、変化を望まない人たちが多い人ほど、そのフォーマットを変えたくない。, つまり、一度、必要なExcelに対してパワークエリでクエリさえ作ってしまえば、扱いづらいフォーマットを変えないでいてくれる限り、作成したクエリが活躍し続けて効率化できるという逆転現象が起きるのです。, 「初めての「PowerQuery」「PowerPivot」」というタイトルで、パワークエリ、パワーピボットについて、実用的なデモンストレーションを多めに交えて紹介いただきました。, 確かに、書店でもAmazonで書籍はとても少なく、英語版は多少ある。日本語でも最近ようやく数冊出てきているかな…というところ。, そんな状況で、こうして実務での経験も踏まえて、紹介いただけるのはとても助かりますね。, これによって作成されたテーブルから、ピボットテーブルの機能を使って、例えば複合キー別の年月別のクロス集計表を作成することができるというわけです。, 手作業はもちろん、VBAを使っても面倒な手順ですよね…それがいとも簡単に自動化できるわけです。, 複数のテーブルを結合してピボットテーブルを作りたい場合、パワークエリで物理的にテーブルを結合することももちろん可能です。, そこで「リレーション」という機能を使うと、物理的にデータ量を増やさずに、テーブル間を関連付けることができます。, そして、そのリレーションされた複数のテーブルを集計する機能が「パワーピボット」というわけです。, Excelによるデータ収集、整形、集計を含んだ作業であれば、パワークエリ・パワーピボットが絶大なパワーを発揮します。, 多くノンプログラマーはこれらの業務をVBAでこなしていると思われますが、データの収集、整形、集計の処理に関しては、その役割をパワークエリ・パワーピボットに任せたほうが良いケースも多くなるはずです。, 以上、ノンプロ研の定例会「ノンプログラマーのためおパワークエリ・パワーピボット入門」のレポートをお伝えしました。, Excelユーザーにとって、その働く価値を上げる強力な武器になるはずですので、ノンプロ研としても発信、啓蒙を積極的に行っていく所存です!, ノンプログラマーがプログラミングスキルを身に着ける支援ををするコミュニティ。セミナー・もくもく会・Facebookグループのサポートで「自らで学び続ける力をつける」支援、「教え合うことで学びの価値を上げる」場の提供をしています。, ノンプロ研定例会Vol.35「ノンプログラマーのためのパワークエリ・パワーピボット・DAX入門」.

.

ポール バセット エッグスラット, バースデー セール ブログ, 日本シリーズ 増田 なんj, 迷惑メール 撃退 面白い, クリスタ ブラシサイズ おすすめ, Ps4 ビデオクリップ ツイッター, 叙々苑 ランチ 東京, 逓増 定期保険 全額 損金, ワード 箇条書き スペース, リップノイズ 除去 Logic, 225 60r18 ホイール, ニコン カメラ 価格, ケーキ型 底抜け 100均, 布絵本 背表紙 縫い方, 20代 独身 車 おすすめ, Hp リカバリディスク 作成 Windows7, コンロ 焦げ付き 酢, ぬか漬け 魚 食べ方, 近畿大学 就職 大手, Vivi 2月号 付録, オレンジ ミステリー コード, ヘアバンド 作り方 赤ちゃん, ガソリンスタンド タイヤ交換 何時から, プログラミング 関数 使い方, Bmw イグニッションコイル 交換時期, オレンジ ミステリー コード, 外国人と関わる 仕事 求人, Java ライセンス 有償化,